<オープンキャンパス 日程追加しました>

<オープンキャンパス 日程追加しました>
ロシア語本科、短期講座などなど、ロシア語をはじめようかな、
と考えている方々を対象としております。
また、10月3日からはオンライン(ZOOM)でも同時にオープンキャンパスを
配信することに致しましたので、遠方の方々も是非、お気軽にご参加ください。

第5回 10月03日(土)14:00~
第6回 10月24日(土)14:00~
第7回 11月14日(土)14:00~
第8回 12月12日(土)14:00~
お申込みはこちらから:
https://tokyorus.ac.jp/annaikai.htm

<6月6日『ロシア語の日』>

今日6月6日は、「ロシア語の日」、ロシアの詩人プーシキンの誕生日です。私たち東京ロシア語学院では、毎年この日にプーシキンの詩や自分の好きな詩人や作家の文を選んで朗読して祝う行事を行っています。それは4月からはじまったロシア語の勉強の夏休みまでの中間点に当たり、また違った気持ちで勉強に向かう思いを表す場所でもあり、一緒に学ぶ友人たちと親交を温める場所ともなっています。今年は新型コロナウイルスのために、4月のスタート時から、なかなか思う様に授業を進めることができませんが、それでもオンラインを使ったり、メールを使ったりして勉強は続けられていました。6月になって慎重に対面授業を開始して名実ともに6月の第一週は学院の本格的な授業開始の週となりました。そのスタートの意味も込めてプーシキンの誕生日を祝いました。

https://drive.google.com/file/d/16mEhV9VIEyn8oYQBOQqNxE0tVKF0wGxu/view?usp=sharing

今月14日は全国ロシア語コンクールが行われる予定でした。残念ながら多くの人が集まってくれる行事をいま行うことはできません。そこで、東京ロシア語学院はロシア連邦国際文化科学協力庁と協力して、全国ロシア語作文コンクールを行うことにしました。応募・実施の要領は別紙のとおりです。是非日ごろの勉強の成果を形にしてみてください。コンクールではありますが、入賞よりも参加することに大きな意味があると思います。この機会に自分の作文能力を試してみてください。

作文コンクールの相談をしているなかで、ロシア連邦国際文化科学協力庁駐日代表部のFacebookがいろいろな面白い試みを行っていることを知りました。ここにそのいくつかを紹介しておきます。是非のぞいてみてください。

ロシア連邦国際文化科学協力庁駐日代表部

Facebook  https://bit.ly/3g7GfD2

皆さんが参加できる、写真のコンクール(5月30日記事:6月11日16時(日本時間)締切)、歌のコンクール(6月1日記事)ほか別のコンクールもあります。これからもいろいろ出てきそうです。

新型コロナウイルスのせいで、いつもより過ごしづらい梅雨の時期になりますが、どこまでも続く果てしない平原と澄み切った青い空の続くロシアの大地に思いを馳せながら、色々な方法を使ってロシア語の勉強を続けていきましょう。

東京ロシア語学院 学院長 藻利佳彦

<ロシア連邦国際文化科学協力庁駐日代表部の様々な取り組み>

ロシア連邦国際文化科学協力庁駐日代表部のFacebookがいろいろな面白い試みを行っていることを知りました。ここにそのいくつかを紹介しておきます。是非のぞいてみてください。
ロシア連邦国際文化科学協力庁駐日代表部
Facebook https://bit.ly/3g7GfD2
皆さんが参加できる、写真のコンクール(5月30日記事:6月11日16時(日本時間)締切)、歌のコンクール(6月1日記事)ほか別のコンクールもあります。これからもいろいろ出てきそうです。
新型コロナウイルスのせいで、いつもより過ごしづらい梅雨の時期になりますが、どこまでも続く果てしない平原と澄み切った青い空の続くロシアの大地に思いを馳せながら、色々な方法を使ってロシア語の勉強を続けていきましょう。
東京ロシア語学院
学院長 藻利佳彦

休講措置延長のお知らせ(5月7日以降のご対応について)

受講生の皆様

 本学では、「緊急事態宣言」を受け5月6日まで休講としておりましたが、宣言のさらなる延長も検討されるなど、残念ながら現状では5月7日以降も対面授業を再開させるには無理があると判断し、少なくとも緊急事態宣言や休業要請が出ている間は休業を延長することといたしました。なお、今後の授業につきましては、対面授業に替わるもの(課題提出・添削、動画送付、オンライン授業等)もご提案させていただきたく存じます。

 また、今後の動きや対応に関しましては、本学ホームページ、メール等を通じて発信してまいりますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

<休業要請を受けている期間中の当校のご対応に関して>

・対面による窓口業務: なし
・電話によるお問合せ: 月・水・金 10:00~15:00
※メールによるお問い合わせは随時お受けしておりますが、回答が遅くなる場合がございます。あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。


2020年5月1日

4月8日(水)~5月6日(水)当校の業務体制について

4月8日(水)~5月6日(水)当校の業務体制について

4月8日に発出された緊急事態宣言をうけ、当校ではテレワークや短縮業務体制をとらせていただくことになりました。当校に関係するすべての皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

・対面による窓口業務: なし

・電話によるお問合せ: 月・水・金 10:00~15:00

※メールによるお問い合わせは随時お受けしておりますが、 回答が遅くなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

5月6日(水)までの休講措置延長のお知らせ

5月6日(水)までの休講措置延長のお知らせ

本科生・受講生の皆さま

本学では、先に出された外出自粛要請に基づき、感染拡大防止と皆さまの健康と安全を最優先に検討した結果、 4月19日(日)まで、全てのクラスにおける授業を休講とすることにしておりましたが、4月8日の「緊急事態宣言」 発出をうけ、休講措置期間を5月6日(水)まで延長させていただくことといたしました。

授業再開は、今のところ5月7日(木)を予定しておりますが、コロナウイルス関連の情報は日々変化いたしますので、本学も臨機応変に対応してまいります。

また、今後の動きや対応に関しましては、本学ホームページ、メール などを通じて発信してまいりますので、 随時ご確認いただきますようお願い申し上げます。

【休講期間】:2020年5月6日(水)まで

【再開予定】:2020年5月7日(木)から

ゴールデンウィーク集中講座中止のお知らせ

ゴールデンウィーク集中講座中止のお知らせ

受講を予定されていた皆さま

本学では、5月2日から5月5日までの4日間、ゴールデンウィーク集中講座の実施に向け、準備を進めてまいりましたが、4月8日に発出された「緊急事態宣言」をうけ、 同集中講座を中止することに致しました。

受講を楽しみにされていた多くの皆様には、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。 本学といたしましても、同集中講座では全国各地からいらっしゃる受講生の皆様にお会いできる機会でしたが、大変残念ながらこのような決断をせざるを得ない状況となりました。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【ゴールデンウィーク集中講座】  期間:5月2日~5月5日実施予定

【上記に予定しておりました集中講座の全ての授業を中止といたします】

2020年本科入学相談受付中!

本科入学相談受付中!

ロシアが大好き、ロシア語を基礎から本格的に勉強したいと考えているなら、迷わず東京ロシア語学院の本科を選んでください。不安や心配なことがあれば、電話、メールで連絡いただければ、何でも相談に乗ります。あるいは直接おいでいただいても結構です。あなたの実情をよくうかがって、本科で勉強をするためのさまざまなアドバイスをします。東京ロシア語学院の授業は、Ⅰ部(昼間部)、Ⅱ部(夜間部)とも、ロシア語学科を持つ大学の授業に劣るものではありません。それは、毎年行われる全国ロシア語コンクールやロシア語能力検定での学院生の活躍で証明されています。学院は、小さな専門学校です。大きなキャンパスのある大学の華やかさは持ち合わせていません。しかし、大学よりはるかに集中してロシア語学習に打ち込み、実力をつけることができます。地道に努力することでこそ、本当の華やかな未来を手にすることができます。そのお手伝いをする講師陣はみな優れたひとたちばかりです。通訳ガイドの資格を持っているだけでなく、ロシア語教授法をしっかり学んだ経験豊富な先生方、そして本学のカリキュラムに私たちは大きな自信を持っています。先生方の指導は、ロシア語だけでなく、生活や進路選択の悩みまで、ひとりひとりの特性に合わせてきめ細かく行われています。本科はほとんどの人が同じスタートラインに立って初めてロシア語の勉強を開始するので、努力次第でみんなで共にどんどんロシア語を習得していくことができます。努力して十分な力をつければ卒業後ロシア語関係の仕事につくことができます。また、在学中のロシア短期留学、卒業後のロシアの大学への長期留学(ロシアの大学へ入学し卒業する)などもご案内できます。また、どうしても「大学卒業」の資格が必要ということであれば、大学への編入のお手伝いもします。実際これまで国立、私立の大学に編入した事例があります。一生懸命努力すれば、東京ロシア語学院でかなえられる夢はたくさんあります。学費の分割納入や奨学金に関する説明、また入学・編入学に関するあらゆる心配事の相談にも応じています。

みなさんからの連絡をお待ちしています。