<2020年1月15日スタート『音読トレーニング講座』>

 

2020年1月15日より開講予定の講座『音読トレーニング講座-スペードの女王』-受講生募集中です!

音読トレーニング講座『スペードの女王』
2020年1月15日~3月18日・全10回
対象:中級以上
毎週水曜日 午後7時~8時半
講師:清水柳一(NHK放送通訳、バイリンガル朗読者、劇団民藝所属)
受講料:¥36,300(税込)
※初めて入学される方は入学金¥7,150(税込)が別途必要です。

お申込・お問合せは、事務局まで(03-3425-4011)
HPからもお申込いただけれます:https://www.tokyorus.ac.jp/


<音読はプーシキンから始まる>
ロシア語の勉強を始めた頃を思い出してみてください。あなたに華麗なロシア文学の扉を開いてくれた作家は誰でしょうか?
Я вас любил:любовь еще, быть может, …とかБелеет парус одинокой В тумане моря голубом…などプーシキンやレールモントフの詩がふと口をついて出てきませんか。

<ロシア語の原作を声に出して読む>
声に出して読むロシア語の楽しみは、プーシキンから始まります。華麗なロシア文学の音読と朗読の扉はプーシキンによって開かれます。 傑作《スペードの女王》 そのテキストとして名作«Пиковая дама»(スペードの女王)を採り上げました。
先日、モスクワのプーシキン大学から来日講演されたペルシャノヴァ先生もプーシキンのこの中編小説を「話しことばの上達に最適なロシア文学作品」として筆頭に挙げています。