ブログ

バレエ留学をする皆さんへ

バレエ留学をする皆さんへ

オーディションを突破してロシアやベラルーシ、ウクライナ等のバレエ学校に留学が決まったみなさん、おめでとうございます。せっかくロシア語圏でレッスンを受けるのですから、ロシア語をある程度マスターして出かける方が、現地での生活を始めるうえでも、レッスンに溶け込むためにも役に立ちます。現地に行ってからロシア語を勉強すればよい、と考えるかもしれませんが、実際にはバレエ中心の厳しい生活に追われ、少ない単語と挨拶程度の会話を暗記することで終わってしまいます。

ロシア語に限らず外国語の学習は、最初が非常に重要であり、片手間ではなく、ある程度本格的に指導をうけておいた方がのちに役立ちます。かりに、すべてをマスターしないまま現地に出かけることになっても、自分が勉強していないのはどういうことか、ということが分かっているだけで、現地でのロシア語の勉強も早く進みます。バレエダンサーとしての技術の習得とともに、ロシア語を十分使いこなせるようにしていくことが、バレエ留学において非常に重要なことです。

なぜなら、ロシアなどのバレエ団に入るには、『ディプロマ』(卒業証書)が必要だからです。この『ディプロマ』は国家資格で、その試験科目にはロシア語が含まれています。バレエのスキルを高めることはもちろんですが、プロのバレエダンサーになるには、少なくともでもこの『ディプロマ』を持っていなければなりません。ロシア語は必須科目です。もし、ロシアなどでプロになる道を選ばなかったとしても、日本でバレエを教える資格のひとつとしてこの『ディプロマ』は役に立ちます。ロシアの劇場やコンサートホール、美術館に足を運び、また豊かな自然に触れ、芸術や美の世界に親しむことが、皆さんのバレエの美しさをより深くしていくものと思います。

現在、東京バレエ団芸術監督を務めている斎藤友佳理さんは、本格的にロシアへ行く前に、忙しいレッスンの合間を縫って本学の本科で学ばれました。また、ボリショイ劇場の舞台に立ち、現在モスクワ日本人学校バレエスタジオ芸術監督の千野真沙美さんも、「ロシアで本気に戦っていくならば、中途半端な気持ちではいけない。まずはロシア語を習得することが不可欠」(スプートニク)と考え、やはり私たちの学校の本科で学びました。ほかにも数多くのバレリーナたちがここで学び、ロシアやベラルーシに飛び立っていきました。

若くしてバレエ一筋にロシア語圏へ出かけていく人たちにとって、バレエと同様ロシア語も人生を左右する大きな要素だと私たちは考えています。あなたも私たちの学校で勉強してみませんか。みなさんひとりひとりのご都合に合わせた授業を用意します。相談は随時受け付けています。ぜひ一度ご連絡・ご相談ください。

電話:03-3425-4011  E-maill:info@tokyorus.ac.jp

<3/2-3/13 春期集中講座>

3月2日(月)~13日(金)の期間に春期集中講座を実施します。

初めてロシア語を学ぶ方々から、中級までの方々を対象としております。複数の講座を受講いただくことも可能です。定期的に講座に通うことが難しい方、ぜひこの機会をご活用ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

https://www.tokyorus.ac.jp/shuchu/shuchu.html

<東京ロシア語学院 本科生募集中です!>

東京ロシア語学院本科生と編入生を募集しております!
現在、「ロシア語本科Ⅰ部(昼間部)/3年制」と「ロシア語本科Ⅱ部(夜間部/2年制)でロシア語を専門的に学習したい学生さんを大募集中です!

東京ロシア語学院は、専修学校として認可されていますので、
卒業後には、専門学校卒として就職もできますし、「ロシア語本科Ⅰ部(昼間部)」を卒業すれば「専門士」の称号が手に入りますので、頑張りによっては、4年制大学の3年生に編入するための試験を受けることも可能になります。

みなさん、一緒にロシア語を勉強しませんか!なお、1月25日(土)と2月15日(土)には、オープンキャンパスも予定されておりますので、是非、当校まで一度お越しください!

東京ロシア語学院事務局

『2/22(土)無料公開講座 ロシア語入門セミナー』

無料公開講座 ロシア語入門セミナー

新聞やテレビ、インターネットニュースなどで気になるロシア語。「ロシア語ってどんな言葉なのかな?よく難しいって聞くけど。。。」、「ロシア人ってどんな性格なのかな?」。まずは、一緒にロシア語を体験してみませんか? 東京ロシア語学院では、ロシア語の楽しさをみなさんに知っていただきたく、 このたび、無料公開講座を開催することにいたしました。この機会に、是非、当校へお越しください!心よりお待ちしております!

日時:2月22日(土)14:00~16:00 (受付13:30~)

場所:東京ロシア語学院2F

参加費:無料(要事前申し込み)

対象者:ロシア語をこれから始める方(あるいは始めたばかりの方)

定員:70名

内容:

  • ミニセミナー『ロシア語の世界へようこそ』
  • 体験レッスン(文字、発音、簡単な会話)

ロシア語検定委員会より <2020年度のロシア語能力検定試験実施時期と実施級について(1/13 up)>

●2020年度のロシア語能力検定試験実施時期と実施級について(1/13 up)

2020年のロシア語能力検定試験の実施時期と実施級について、下記の通りご案内申し上げます。
大きな変更点としましては、昨年10月に行われた第74回ロシア語能力検定試験において、大型台風の影響により多くの方々が受検できない状況となったことを考慮し、2020年度においては5月の検定試験の際にも、1級と2級の試験を実施すると いうこと、台風の影響を避けるため、秋の検定試験の実施時期をこれまでよりも3週間ほど繰り下げていることです。

<第75回ロシア語能力検定試験>

2020年5月30日(土)

2級 10:00~

4級 14:00~

2020年5月31日(日)

1級 10:00~

3級 14:00~

<第76回ロシア語能力検定試験>

2020年10月31日(土)

2級 10:00~

4級 14:00~

2020年11月1日(日)

1級 10:00~

3級 14:00~

<2020年1月22日スタート『音読トレーニング講座』>

<2020年1月22日スタート『音読トレーニング講座』>

2020年1月22日(当初予定の15日開始を22日開始と変更しております)より開講予定の講座『音読トレーニング講座-スペードの女王』-引き続き受講生募集中です!

音読トレーニング講座『スペードの女王』
2020年1月22日~3月25日・全10回
対象:中級以上
毎週水曜日 午後7時~8時半
講師:清水柳一(NHK放送通訳、バイリンガル朗読者、劇団民藝所属)
受講料:¥36,300(税込)
※初めて入学される方は入学金¥7,150(税込)が別途必要です。

お申込・お問合せは、事務局まで(03-3425-4011)
HPからもお申込いただけれます:https://www.tokyorus.ac.jp/

<2020年1月15日スタート『音読トレーニング講座』>

 

2020年1月15日より開講予定の講座『音読トレーニング講座-スペードの女王』-受講生募集中です!

音読トレーニング講座『スペードの女王』
2020年1月15日~3月18日・全10回
対象:中級以上
毎週水曜日 午後7時~8時半
講師:清水柳一(NHK放送通訳、バイリンガル朗読者、劇団民藝所属)
受講料:¥36,300(税込)
※初めて入学される方は入学金¥7,150(税込)が別途必要です。

お申込・お問合せは、事務局まで(03-3425-4011)
HPからもお申込いただけれます:https://www.tokyorus.ac.jp/


<音読はプーシキンから始まる>
ロシア語の勉強を始めた頃を思い出してみてください。あなたに華麗なロシア文学の扉を開いてくれた作家は誰でしょうか?
Я вас любил:любовь еще, быть может, …とかБелеет парус одинокой В тумане моря голубом…などプーシキンやレールモントフの詩がふと口をついて出てきませんか。

<ロシア語の原作を声に出して読む>
声に出して読むロシア語の楽しみは、プーシキンから始まります。華麗なロシア文学の音読と朗読の扉はプーシキンによって開かれます。 傑作《スペードの女王》 そのテキストとして名作«Пиковая дама»(スペードの女王)を採り上げました。
先日、モスクワのプーシキン大学から来日講演されたペルシャノヴァ先生もプーシキンのこの中編小説を「話しことばの上達に最適なロシア文学作品」として筆頭に挙げています。




 

ニコライ大主教未発表著作集(露語全3巻)出版披露会

<ニコライ大主教未発表著作集(露語全3巻)出版披露会>

日時:12月17日(火) 16:00~
場所:在日ロシア大使館

*ニコライ大主教の著作集はすでに出版されていますが、
今回の出版は、それに収録されていない未発表書簡等が
含まれています。

参加ご希望の方は当学院窓口にてお申し込みください。
メール、お電話でも受け付けております。

東京ロシア語学院
03-3425-4011
メール info@tokyorus.ac.jp

東京ロシア語学院創立70周年 ペルシヤノヴァ先生の三日間

記念祝賀会に先立ち、プーシキン記念ロシア語大学ペルシヤノヴァ先生(外国語としロシア語教育学部学部長)による、『ロシア語教授法』特別講演が行われ、学内外よりロシア語教授に携わる多くの人たちが集まりました。講演では、『ロシア語学習における最新テクノロジーの活用』、『新しいロシア語教科書・参考書』、『日本人に対するロシア語教授』について発表され、また、プーシキン記念ロシア語大学が提供するロシア語学習ポータルの紹介も行われました。

11 月10 日には『ロシア語教授法研究集会』が行われ、東京ロシア語学院の講師陣を中心にロシア語による研究発表が行われました。主に日本人学生にロシア語を教授する上での問題点と、それに対する授業中の創意工夫が具体的に発表され、大変興味深いものとなりました。ペルシヤノヴァ先生は、ひとつひとつの発表にコメントを行い、その後の質疑応答、活発な意見交換の中心となって会をリードしました。会場は、予定終了時刻を1 時間以上超えるほどの熱気につつまれました。教えている場所は異なっていても、参加者の先生方には、共通の苦労があり、使用する良質な教材や効果的な教授法を模索していることが分かりました。今後もこうした集まりを持ちたいという声が寄せられ、とても意義深い会となりました。

11 月12 日、東京ロシア語学院の全学生を対象にした学内公開授業が行われました。本学には1 年から3 年まで三つの学年の生徒たちがいますが、授業を担当したペルシヤノヴァ先生は、ごく簡単な会話のやり取りの中から、その日に会ったばかりの学生のロシア語レベルや性格までもを瞬時に把握していきました。本来であれば、レベルに違いのある学年を越えての合同授業を行うのは容易ではありませんが、巧みに強弱をつけ、指揮者がタクトを振るように非常にリズミカルで、楽しい授業を行ってくれま
した。理論と経験に裏打ちされた優れた実践者、本物のロシア語教育者の姿を見せていただきました。

【来賓プロフィール】

ペルシヤノヴァ・スヴェトラーナ・ゲオルギエヴナ
(Персиянова Светлана Георгиевна)
プーシキン記念ロシア語大学
外国語としてのロシア語教育学部学部長
助教授、博士候補

東京ロシア語学院創立70周年 記念祝賀会

2019年11月9日(土)開催
<創立70周年記念祝賀会開かれる>



(右:プーシキン記念ロシア語大学 スヴェトラーナ・ペルシヤノヴァ先生)
(左:東京ロシア語学院 藻利佳彦学院長)
 祝賀会は、東京ロシア語学院のホールで行われ、斎藤治子理事長(学校法人日ソ学園)より主催者挨拶、続いて来賓の日本ユーラシア協会会長 竹田正直先生、在日ロシア連邦大使館連邦交流庁 イーゴリ・チトフ参事官、ユーラシア研究所 蓮見雄事務局長、プーシキン記念ロシア語大学 スヴェトラーナ・ペルシヤノヴァ先生より祝辞を頂戴いたしました。祝賀会は、多くの方々がロシア語を教えたり、また学んだりしてきた校舎で行われたこともあり、終始温かい雰囲気につつまれていました。
戦後まもなく、1949 年に旧日ソ親善協会ロシア語委員会が短期ロシア語講習会を始めたことに端を発し、東京ロシア語学院は今年で創立70周年を迎えることができました。11 月9 日に行われた創立70 周年記念祝賀会には、学院の創立・発展を支えてくれた様々な関係者をはじめ、在日ロシア大使館、そして長年にわたり交流のあるモスクワのプーシキン記念ロシア語大学より来賓をお迎えしました。(理事長挨拶より)



会場のあちこちで楽しい会話が交わされ、笑い声につつまれるうちに、やがてお開きの時となり、ロシア民謡『カチューシャ』と『モスクワ郊外の夕べ』を参加者全員で合唱し、盛会のうちに幕を閉じることができました。祝賀会にご参集いただきました皆様には、あらためまして心より御礼申し上げます。