春の特別セミナー 第四弾

~ロシア語で働くということ~

 日時: 4月22日(土)14:00-15:30  開講決定

 会場: 東京ロシア語学院 

 参加費: 2000円 (税込。当日会場にて現金でのお支払です)

 テーマ: 日露ビジネス新時代へ、求められる日露通訳! 

 対象者: 将来的にロシア関連の仕事に就こうと考えている方、ロシアとビジネスを 始めようとする方、就活中の学生さん大歓迎です!

※セミナー終了後、講師を囲み、お茶を飲みながらご歓談いただける時間をご用意致します!

 講師:菅原 信夫
【講師略歴】 スガハラアソシエーツ代表取締役兼ロシア法人「Business Eurasia」代表取締役、横浜商科大学、青山学院大学非常勤講師。
1974 年、伊藤忠商事入社、1976~78年ハーバード大学院にてソ連地域研究プログラムを専攻後、モスクワ駐在。1994年伊藤忠商事退社、米国非営利法人「国際教育交換協議会(CIEE)」副社長兼日本代表。日本におけるTOEFL事業を統括。1998年、日本企業のロシア進出支援のためスガハラアソシエーツを創立、2004年モスクワに現地事業会社Business Eurasiaを設立した。2012年、日本人のロシア語教育のため「Eurasia Language Center」をモスクワに創設。日本ロシア語教育研究会会員。

講師からのメッセージ

皆さん、お久しぶりです。 昨年の第3回セミナーを最後にしばらく間が空いてしまいました。その間、日露関係は経済を筆頭に大きな改善を示し、そのピークは12月15日、16日に山口と東京で行われた日露首脳会談でした。
その後、マスコミでの日露関係記事はバッタリ減ってしまい、逆に首脳会談は失敗だった、というような論調まで現れています。私は、日露経済協力8項目にもうたわれている中小企業交流の最先端に立ち、今ほど日露間に実現可能な案件が出現した時代はない、と断言できます。2月16日、モスクワ大学日本センターで通訳実務講座というセミナーが開かれ、80名もの日本語通訳や学習者が集まりました。これも今までにはなかった現象です。
もう、ロシア側は動き始めています!日本側の我々もロシア語でいかに生きてゆくかを真剣に考えるときです。第4回「ロシア語で働く」は、これから需要の増える日露通訳の仕事を中心に、最近の日露経済関係も併せ解説させていただきます。ロシア語をロシア人だけに任せる時代ではありません。多くの皆さんの参加を期待しております。

※最少催行人数:  5名様以上のお申込みでセミナー開講とさせていただきます。

お申込みは下記バナーをクリックして、申込フォームよりお願いいたします。

春の特別セミナーお申込フォーム