日本でロシアを味わおう27
一日ロシアカフェ〈スバボーダ〉@阿佐ヶ谷

今年も一日ロシアカフェ〈スバボーダ〉に行ってきました。

今年の場所は阿佐ヶ谷にあるLoftA。ここは日替わりでいろんなライブ・イベントをやっているスペースです。一日限りなので、ここで常時ロシア料理を出しているというわけではありませんからお間違いなきように。地下にあるこのスペースはちょっと暗い感じ。もっと明るいイメージを想像していた人もいて、面食らった方もいたようです。

メニュー

12時開場と同時にちょうど入り、早速メニューを拝見。手書きのメニューはなかなかかわいいですね。一日限定なので、メニューは限定されています。ボルシチセットと単品でペリメニ、それとオリジナルカクテル「スバボーダ(свобода)」を頼みました。

13時の開演までは、店内のスクリーンでロシアの子供ヴォーカルグループ волшебники двора(中庭の魔法使いたち)のプロモーション・ビデオを上映。子供とはいえ歌唱力は十分でしたが、歌っている歌は伝統的なロシア歌謡曲って感じでした。

オリジナルカクテル「スバボーダ」

オリジナルカクテルが登場。緑のはもちろんきゅうり薄切りです。ウォッカにレモネード、きゅうりのさわやかさも加わり、夏に飲んだらぴったりと思える一品でした。

ボルシチセット

ボルシチセットがきました。 セット内容はボルシチ、オリビエサラダ (салат "Оливье")、黒パンです。

オリビエサラダは見てお分かりの通り、ざっくりいうとロシア風のポテトサラダです。今回のはセロリが入っていまして、それがマヨネーズ味の濃厚な中にあっていいアクセントになっていましたね。
ボルシチはなかなか見た目は良いのですし、ビーツもちゃんと入っていました。味付けも程よくはありましたが、欲を言えばもう少しブイヨンが出ていれば。とにかくボルシチは難しいですね。
黒パンは黒パン工房イクラというところのもので、天然酵母を使ったとっても風味のあるパンでした。

ペリメニ

単品のペリメニ。こちらは神戸のビクトリーという会社のもの(通販でも買えるそうです)。ゆで方を失敗したのかな〜。塩が足りないし、すこし皮がふやけた感じで、こしがありませんでした。

開場して40分くらいのところで、「セットはもう終わりました」という声が開場に響きました。予想に反して入場者が多かったようです。早めに来ていてよかった。

カテリーナさん

13時。イベントの開始です。主催者からの挨拶のあと、カテリーナさんによるバンドゥーラ演奏と唄。

バンドゥーラ (бандура)は写真にあるウクライナの民族楽器です。カテリーナさんの澄んだ声とバンドゥーラの音がぴったり。会場にいる方はみんな魅了されたようです。
最後にはアカペラで日本の歌「ふるさと」を会場の皆さんと一緒に、ちゃんと3番まで歌いました。
日本で演奏活動をされているので、皆さんも機会があればぜひ聞いてみてください。

杉インナさん

続いてはロシアのお話の朗読。
当初の予定は日本でも有名なお話、「大きなかぶ」や「おだんごぱん」を読む予定だったのですが、ロシア人にはより身近なプーシキンの「サルタン王の物語」になりました。残念ながら日本人にはあまり知られていないお話なので、どうかとも思いましたが、インナさんの熱演でみなさん楽しまれたようです。杉インナさんは本業は画家の方だそうですよ。

チェルノブイリ基金

最後はチェルノブイリ基金の方の現地レポート。
1986年のチェルノブイリ原発の事故からもう25年近く経っても、ロシア、ウクライナ、ベラルーシでは放射能汚染による病気で苦しんでいる方がまだたくさんいるという事実は普通のニュースでは伝えられていないので、初めて聞いた方もいらっしゃったのではと思います。
私も最近の状況は知らなかったので、改めて目を開かされました。

なかなか面白いイベントだったと思います。でも、お昼だったので、もっと明るい、オープンな場所だったら気持ちよかったかなと感じました。でもこれに懲りず、またやってほしいなあ。

ロシア・旧ソ連情報へもどる