東京ロシア語学院沿革

東京ロシア語学院(旧日ソ学院)は、半世紀以上にわたってロシア語を専門に教え続けてきた小さな学校です。

1949年創立当初から今日まで大きな校舎もキャンパスもありません。戦後設立された友好団体の自由な息吹のなかでロシア語を学びたい、教えたいという熱い思いが講習会の形となって始められました。

最初は校舎もなく、あちこちの施設の一部を借りて、毎週転々としながら授業をする、まるで「遊牧の民」さながらの人間の集まりでした。しかし、ソ連やロシアに対する共通の興味と関心から生まれた、教師と学ぶ者との間の強い絆がゆるむことはなかったのです。

代々木校舎
代々木校舎
やがて1954年になってようやく定住地を得ます。
それは代々木校舎と呼ばれ、現在もなお多くのロシア専門家の記憶に温かい思い出を残し続けています。
この小さく、古い建物からすべてが始まりました。

現在の本科の前身である定期講習会も行われるようになり、後に短期講座などになる集中講座もはじまりました。ロシア文学やロシアに関する講演会も開かれ、小さな建物は旧ソ連・ロシアに関する情報発信の場にもなりました。
翌年には通信講座も開設され、ロシア語を学びたいという全国の人々に大きな希望をもたらしました。

さらに、1957年にはロシア語学力検定試験を開始、ロシア語学習をめぐる環境にひとつの基準を設けたのです。日ソ学院と名乗るようになったのもこのときからです。

ロシア語に興味を抱いたことのあるひとなら一度はNHKのラジオ・ロシア語講座を聞いたことがあるのではないでしょうか。この講座の開講をNHKに要請する署名運動の先頭に立ったのは1949年の第一回講習会の受講者を中心とする「ロシア語友の会」のひとたちでした。NHKより応諾の回答を得て1956年よりラジオ講座は始まったのです。

1979年には一般公募の私費による留学制度の道を拓き、学生はじめ多くの研究者の方々もこの制度を利用してロシアへ渡りました。現在では必要な経費を支払えば誰でも受けることのできる長期の語学研修や留学ですが、その皮切りとなったのは学院の留学制度にほかなりません。

こうした様々な角度からの地道なロシア語教育の実践は、日本人の心に眠るロシアに対する潜在的な興味と関心を目覚めさせ、具体的な交流の機会を作り上げることにいささかなりとも役立ってきたものと自負しています。その後宇宙飛行士ガガーリンの来日や、新生ロシアのイメージを刻印されたゴルバチョフの登場により、ロシア語ブームが起きて学習者が激増したこともあれば、さまざまな事件により低迷を余儀なくされたこともあります。しかし、学院の灯は消えることなく、今日もまた訪れるひとを照らし続けています。

東京ロシア語学院のあゆみ
1949年  旧日ソ親善協会ロシア語教育委員会が、短期ロシア語講習会を始める。 
1953年  協会とともに渋谷区千駄ケ谷に移転。 
1954年  日ソ学院と改称。初代学院長として 除村吉太郎 就任。 
1956年  通信講座を始める。 
1957年  ロシア語学力検定試験制度開設。 
1959年  初めてのロシア語教授法学者(メトジスト)として、セルジュチェンコ教授が来校。 
1960年  モスクワ大学ロシア語教授法10カ月ゼミに初めて本校の教師を派遣。その後も継続派遣。 
1962年  人類最初の宇宙飛行士ガガーリン氏来日。空前のロシア語ブーム到来。ゼミナール制度を設ける。 
1964年  修了2カ年・毎日制の本科 T部(昼間)とU部(夜間)を開設。3カ月講座の組織を整備する。 
1968年  修了1カ年の研究科設立。 
1972年  本科生に、井上満・ちとせ記念会の基金による無返済奨学金の支給を開始。 
1974年  日ソ学院創立25周年。 
1976年  丸山政男 学院長就任。第1回ロシア語夏期大学実施。 
1977年  世田谷区経堂の新校舎に移転。
学校法人日ソ学園立専修学校ロシア語専門課程日ソ学院として認可校となり、本科T部を3年制とする。
堀江邑一 理事長就任。 
1979年  創立三〇周年。 
1980年  本科3学期制を2学期制に変更。
日本育英会奨学金、東京都育英資金の対象校となる。 
1981年  第1回プーシキン大学留学生を送る。 
1983年  東郷正延 学院長就任。 
1985年  プーシキン大学との協力協定を更新、10カ月コースを新設する。 東郷学院長、プーシキン賞受賞。  
1988年  除村奨学金開設。 
1989年  プーシキン大学へ初めて短期留学生をおくる。 
1991年  宇佐美正一郎 理事長就任 
1993年  校名を日ソ学院から東京ロシア語学院に改める。 
1994年  ロシア語をサポートするワープロ・パソコンを授業に取り込み、ロシア語のデータベース処理、インターネット利用等に取り組みはじめる。 
1995年  石本眞 理事長就任。ロシア語能力検定委員会結成。 
1999年  創立五〇周年。 
2000年  東郷学院長 ロシア連邦友好勲章受章。 
2002年  高畠雅映 理事長就任。 
2003年  原卓也 学院長就任。 
2004年  実藤正義 学院長就任。 
2007年  専修学校認可三〇周年。 
2009年 創立六〇周年
2017年 藻利佳彦 学院長就任。