学校説明会・本科授業見学のお知らせ

現在、本科入学希望者への学校説明会は随時行っております。下記いずれかの方法にてご希望の日時をお知らせください。

悩んでいるならロシア語を!

いまもしあなたが進路に悩んでいるのなら、ロシア語をはじめてみませんか。現在、日本と口シアの間でこれまでなかった規模での交流がはじまっています。去年プーチン大統領が日本にやってきたけれども、領土問題も平和条約も進展がなかったという否定的な評価の一方で、経済協力をはじめたくさんの分野での交流が非常に活発に動き出しています。「いくら勉強しても就職先がない」と考えられてきたロシア語の世界に、久しぶりに明るい陽がさし始めてきました。今回の日本とロシアの間の交流の高まりには、両国の政府がきちんと予算を組んで話をすすめているという裏付けがあります。それだけに、企業や自治体も本腰を入れて事業に取り組んでいます。こうした機会はそう何度もあるものではありません。

もちろんこうした取り組みがすぐに芽を吹き、現在就職先がたくさん現れているというわけではありません。けれども、3年後、5年後には今よりももっとロシア語を必要とするさまざまなプロジェクトが現実のものとして進んでいることでしょう。それは、いま現在でもひととものが実際に行き来する機会が非常に多く、活発になっていることからも分かります。

ロシアが厳しい経済状況の中にあることは確かですが、そんななかでも、例えばモスクワ環状鉄道の建設を行い、渋滞緩和のための自動車道路の建設も着々と進めています。輸入品ではなく、自分たちの生産した農産物もロシアのスーパーには並んでいます。ロシアの人たちは、苦しい中、自力で生き抜く工夫と努力をしています。同時に、日本文化に関心を寄せ、日本の優れた技術に敬意を払い、ともに仕事をする姿勢を打ち出しています。日本の企業も、ロシアへの進出を断念するよりは、前向きに思い切って出ていこうとするところもたくさん出てきています。モスクワやサンクトペテルブルクなどの都市のスーパーで日本製品を見かけることも珍しくなくなりました。

こうした事情は、日本のテレビや新聞でも紹介されています。もちろん良いニュースばかりではありませんが、果たしてそれらのニュースが客観的な事実に基づいたものかどうかも含めて、しっかり見極めていく目を持つ必要がある時代に差し掛かっていると思います。そのためには、経済交流の好転がはっきり見通せる今こそロシア語を始める絶好の機会だと考えます。時間を無駄にすることなく、すぐにも東京ロシア語学院で学んでみませんか。

すでに予定されているサッカーのロシア・ワールドカップや東京オリンピックは、日ロ両国の人々が行き交う機会をさらに大きくしてくれます。大小さまざまな事業やイベントが進められてゆくときだからこそ、今、真に相手との意思疎通をはかり、心を開いた意見の交換を行うことのできるロシア語の力が求められています。

東京ロシア語学院はこれまでも、専門商社、流通システム、メーカー、旅行会社などの社員として、演劇、音楽等文化関連のスタッフとして、さらには各分野専門の通訳など個人としても日露関係の最前線で活躍する多くの人材を輩出してきました。是非この機会にわたしたちの学院でロシア語を始めてみませんか。学院は皆さんのお役に立てるよう全力をあげて応援します。
まずは連絡をください。細かいことまで何でもご相談に応じます。お電話、メールをお待ちしています。

東京ロシア語学院

本科案内書ダウンロード